Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・イラク共和国

スポンサードリンク

世界遺産・イラク共和国

イラク共和国には、アッシュール(カラット・シェルカット) という文化遺産があります。
アッシュール(アッシュル)とは、チグリス川西岸の都市およびここを中心とした地域のことで、アッシリアで初めて首都となったところを指します。現在のイラクで言えば、カラット・シェルカットに位置します。また、これは神の名前でもあります。
「都市アッシュール」と、ここを中心とした地域の「アッシュールの地」、そしてこれらの地を守護する「アッシュール神」が全く同一の名前であるという事実は、メソポタミア諸都市の中でも特異な点とされています。都市アッシュールは、紀元前14世紀後半からアッシュールナシルパル2世が統治していた頃まで、アッシリア国王の都市として栄えました。
そしてカルフ(ニムルド)へと、アッシュールナシルパル2世によって首都が移され、「都市アッシュール」は、イシュタルとアッシュールの神殿とともに、アッシリアの宗教的な中心としてその重要性を維持し続けました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・アフガニスタン・イスラム共和国  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・イラン・イスラム共和国 ペルセポリス  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。