Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・カンボジア王国 アンコール遺跡

スポンサードリンク

世界遺産・カンボジア王国 アンコール遺跡

カンボジアの北西部、トンレサップ湖の北部の奥深いジャングルに眠るアンコール遺跡は、アンコール王朝時代の遺跡群です。ユネスコは1992年に世界遺産(文化遺産)として認定するとともに、20年以上も続いた内戦で遺跡は荒れ果ててしまった遺跡を危機遺産リストに登録しました。
その後、外国からの支援やカンボジアの多くの人たちの努力によって修復は徐々に成果を挙げ、ユネスコは2004年に「アンコ-ル遺跡群」を危機遺産リストから除外しました。

1,000を超える石造建築の大遺跡群と、アジア最大の石造寺院アンコール・ワットは、9世紀から600年間にも渡って巨大国家『アンコール王国』によって築かれました。アンコール遺跡群はクメール王朝時代の首都の跡でした。スーリヤヴァルマン2世(1113-45年)とジャヤーヴァルマン7世(1181-1201年)とによって、建設されたと言われており、スーリヤヴァルマン2世が特にアンコール・ワットの建設を行い、ジャヤーヴァルマン7世がアンコール・トムの建設を行ったようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・韓国 慶州歴史地域  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・シリア・アラブ共和国 古代都市ダマスカス  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。