Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・韓国 慶州歴史地域

スポンサードリンク

世界遺産・韓国 慶州歴史地域

慶州歴史地域(キョンジュヨクサチヨク)は、韓国南東部に位置し大韓民国の慶州市付近に広がる史跡・古墳を保護・公開している地域で、2000年にユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されました。
紀元前57年ごろから、慶州(キョンジュ)は都に定められていました。隣国であった百済や高句麗を滅ぼして統一国家を樹立し、国号が新羅(シルラ)とし、その後、935年に滅亡するまでに、慶州の町は歴史的建造物の宝庫となり「屋根の無い博物館」と称されるほどになったのです。
世界遺産に登録されている地域は5つで、南山地区・山城地区・月城地区・皇龍寺跡地区・大陵苑地区とに分けられます。南山地区には、山の岩肌に掘り込まれた石仏の磨崖仏が多数残っています。月城地区には国立慶州博物館があり、新羅時代の仏教美術品が多数展示されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・韓国 海印寺大蔵経板殿  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・カンボジア王国 アンコール遺跡  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。