Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・韓国 海印寺大蔵経板殿

スポンサードリンク

世界遺産・韓国 海印寺大蔵経板殿

1995年にユネスコの世界遺産(文化遺産)へ登録された海印寺大蔵経板殿(ヘインサ・デージャンギョンパンジョン)は、大韓民国南部の慶尚南道陝川郡伽耶面に位置しています。
新羅時代の僧侶である義湘が、802年伽耶山山中に海印寺(ヘインサ)を建立したとされています。「元」に高麗時代に攻め込まれたり、何度も火災にも見舞われているため、1817年に再建されました。
海印寺大蔵経板殿の主な建築物には、大寂光院(本殿)や蔵経板殿(大蔵経経板閣)があります。高麗八萬大蔵経版木を収蔵するお寺の中でも、蔵経板殿(大蔵経経板閣)は最も古い建物です。
さて、この高麗八萬大蔵経版木とは、現存する大蔵経でも最高のものと言われ「仏教の経典」を総集したものです。高麗時代に、国家の繁栄を願って1236年に版木製作に着手されています。その後15年の歳月を掛けて、当時の都であった江華島で完成されました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・ウズベキスタン共和国 サマルカンド‐文化交差路  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・韓国 慶州歴史地域  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。