Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・ウズベキスタン共和国 サマルカンド‐文化交差路

スポンサードリンク

世界遺産・ウズベキスタン共和国 サマルカンド‐文化交差路

「サマルカンド(Samarkand)」は、14世紀末~15世紀にティムール帝国の首都として繁栄しました。2001年に、建物を含めた文化の交差点として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)として認定されました。サマルカンドは人口約38万人もあり、アムダリヤ川の支流であるゼラフシャン川河岸に位置し、機械・化学・綿花・絹・皮革関係の工業が盛んです。
この地域は、ステップ気候と地中海性気候の中間の地域特有の抜けるような青空と、モスクの色も合わせて「青の都」と呼ばれています。

紀元前4世紀のアレクサンドロス3世が率いるマケドニア王国遠征軍に最後まで抵抗したソグド人の都市「マラカンダ」の名でギリシャ史料では有名です。ティムールの墓廟であるグーリ・アミールやビビ・ハヌム・モスク等が市街地内部に築かれています。またアフラシアブには、シャーヒ・ズインダ廟群が築かれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・ウズベキスタン共和国 ブハラ歴史地区  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・韓国 海印寺大蔵経板殿  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。