Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・ウズベキスタン共和国 ブハラ歴史地区

スポンサードリンク

世界遺産・ウズベキスタン共和国 ブハラ歴史地区

ウズベキスタン共和国の都市の一つブハラ歴史地区(Buxoro)は、ブハラ州の州都に指定されています。古代よりオアシス都市として栄え、ザラフシャーン川下流域に位置しています。

ユネスコの世界遺産(文化遺産)には1993年に認定されました。ブハラの都市名は、アミール国期までこの地域の伝統的な書写言語であった近世ペルシア語・チャガタイ語では「Bukha-ra-」と表記されるますが、諸外国語の表記では「Bokhara」あるいは「Bukhara」とされることが多いようです。日本語では、ボハラと書かれていました。
西トルキスタンにおける政治・文化の中心都市であり、ブハラ・アミール国(ブハラ・ハン国)の首都が置かれていました。このブハラ都市が、近世ペルシア語文学の発達に残した足跡は大きく、現在は住民の大多数が民族籍上ウズベク人となっていますが、住民間ではペルシア語系のタジク語が広く話され、タジク人としてのアイデンティティを有する複雑な民族構成となっています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・インドネシア共和国 ボロブドゥル寺院遺跡群  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・ウズベキスタン共和国 サマルカンド‐文化交差路  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。