Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・インドネシア共和国 ボロブドゥル寺院遺跡群

スポンサードリンク

世界遺産・インドネシア共和国 ボロブドゥル寺院遺跡群

ボロブドゥール寺院遺跡群はインドネシアにあるジャワ島の中部に位置しており、ユネスコ世界遺産(文化遺産)に1991年に登録されました。

このボロブドゥル寺院遺跡群は、シャイレンドーラ王朝(8世紀~9世紀にかけてこの地方を支配していた)によって建てられた大乗仏教寺院です。ボロブドゥール寺院はそれ自体が大きな曼荼羅を形成しています。アンコール・ワットと比較されうるほどの壮大な景観です。ボロブドゥールの建造物は、仏教の「三界」という世界観、「欲界」「色界」「無色界」を表しています。
回廊をたどり、釈迦をめぐる様々な物語が刻まれた先の頂上には、整然と72のストゥーパが配置されています。これらストゥーバの中には釈迦如来座像が安置され、格子の間からわずかにその姿を見ることができます。1814年にイギリス人によって発見されるまでは、火山灰と密林に埋もれたまま、地元の人々にさえも忘れ去られたままでした。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・アイルランド共和国 スケリッグ・マイケル  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・ウズベキスタン共和国 ブハラ歴史地区  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。