Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・アフガニスタン・イスラム共和国

スポンサードリンク

世界遺産・アフガニスタン・イスラム共和国

バーミヤン渓谷(バーミヤーン渓谷)は、ユネスコ世界遺産の文化遺産に登録されており、アフガニスタンの首都カブールから北西の山岳地帯に位置しています。
2001年3月アメリカ合衆国に対する国際テロの指導者とみなされていたオサマ・ビンラディンを保護していたといわれる「タリバーン」によって、バーミヤン渓谷にある大仏が2体も爆破され破壊され、国際的に非難を浴びたた事は記憶に新しいことでしょう。

標高2500メートル程の高地にバーミヤン渓谷はあり、バーミヤーン(バーミヤン)の町を中心としたヒンドゥークシュ山脈山中の渓谷地帯にあります。この古代からある都市バーミヤーンの近郊には、石窟仏教寺院が開削されていました。これらは、グレコ・バクトリア様式の流れをくむ仏教美術の優れた遺産として有名であり、石窟の数は1000以上にもなります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・アフガニスタン・イスラム共和国  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・イラク共和国  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。