Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・アフガニスタン・イスラム共和国

スポンサードリンク

世界遺産・アフガニスタン・イスラム共和国

アフガニスタン・イスラム共和国の文化遺産は、ジャームのミナレットと考古遺跡群です。ハリー・ルード川とその支流ジャーム川の合流点のほとりに位置する「ジャームのミナレット」は、世界第二位の高さを誇り、グール朝のスルターン、ギヤースッディーン・ムハンマドが築いたとされます。この『ミナレット』とは、「尖塔」を意味しています。

ジャームのミナレットは八角形の土台の上に立ち、高さは驚くことに60メートルもあります。褐色の煉瓦に青色のタイルで装飾され、特徴としてはブハラで発展を遂げた幾何学模様やクーフィー体アラビア文字の刻印などがあります。グール朝における最高の建築技術とも言われています。後に建設されたインドの「クトゥブ・ミーナール・ミナレット」は、ジャームのミナレットが影響を与えたと言われています。
もっとも、こちらはが世界最高の高さを誇りますが。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・アゼルバイジャン共和国  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・アフガニスタン・イスラム共和国  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。