Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・アゼルバイジャン共和国

スポンサードリンク

世界遺産・アゼルバイジャン共和国

城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔はアゼルバイジャン共和国唯一のユネスコ世界遺産に登録されました。アゼルバイジャン共和国の首都バクー旧市街にこれらの文化遺産があり、カスピ海沿岸に位置しています。
この城壁都市バクーの存在が確認されたのはおよそ10世紀以降で、通常「イチェリ・シェヘル(アゼルバイジャン語で「内城」の意)」と呼ばれています。シルヴァン地方‥もともとアゼルバイジャン共和国の東部にある主要都市でした。ペルシア人のゾロアスター教徒が多く住んでいましたが、イスラム教徒のアラブ人が到来し、またさらにアゼルバイジャン人の先祖と言われているテュルク系の遊牧民が侵入してきました。このように様々な民族が入り交じった事により、バクーはアゼルバイジャン固有の文化はもとより、イラン・ロシア・アラブ等の複数の文化の影響を受け、独特な景観を持ちました。

スポンサードリンク

トップページ  |  次の記事 世界遺産・アフガニスタン・イスラム共和国  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。